カトリック礼拝会日本管区のホームページです。

共同体 -Estar-

総会日記 10月14日・15日

2017年10月21日 | CATEGORY - 共同体

顧問たち

Los días 14-15 hemos acogido con mucho gozo, con abrazos y aplausos al nuevo Equipo general

1014~15日 新しい総本部の誕生に大いに喜び、熱い挨拶をかわし、拍手喝さいを送りました。

Hna. Teresa de Jesús Valenzuela, reelegida Superiora general

Sr. テレサ バレンスエラ 総長再選

Sr. マルガリータ ナビオ 副総長   スペイン人

Sr.ロサウラ パティニョ  第2顧問 コロンビア人

Sr.ミカエラ 谷垣内    第3顧問 日本人

Sr.ファラ  ガラッティ   第4顧問 イタリア人

 

Agradecemos al Señor y a cada una de ellas por su disponibilidad incondicional para este SERVICIO de corresponsabilidad en la animación y gobierno de la Congregación, en los próximos seis años. Les deseamos todos los dones necesarios para vivir con fidelidad y fortaleza, “dejándose llevar por Él, para ir muy halladas y seguras” (Cf. Sta. Micaela).

今後6年間にわたる会のアニメーターとして、また統治に従事するにあたって、共同責任性という奉仕に無条件で自らを差し出した寛大さについて、一人ひとりに感謝しています。

También agradecimos a las Hnas. que estuvieron en el Equipo general en el anterior sexenio, entregando su vida con el tesón que da la fe y el amor a la Congregación:

同じく前6年間にわたって、会へ信仰と愛を差し出すという断固とした態度でもって生活、命をささげたシスター方にも感謝します。

ありがとう Hna. Aurelia Agredano(アウレリア アグレダーノ)

ありがとうHna. Andrea Ghilardini(アンドレア ジラルディーニ)

ありがとう Hna. Anita Netikat    (アニータ ネティカッツ)

感謝そして皆さんに神の祝福がありますように!!!

Lo celebramos en la Capilla con una oración de Acción de Gracias, preparada por las Hnas. de las provincias de India, en la que presentamos a cada una de ellas al Señor y oramos por cada una, entre todas fueron formando un ramo de rosas que queda en el altar ante el Señor. A continuación dimos gracias por las que terminaban su servicio en el Gobierno general, a cada una se le entregó una vela encendida y se oró para que continúen siendo luz donde sean nuevamente enviadas. Las luces quedaron presentadas en el altar junto al ramo de rosas. Este momento fue acompañado con un canto y música.

聖堂にてコルカタ管区のシスターたちが準備した感謝の祈りでもって祝いました。私たちは神さまに総本部はこのシスターたちであることを告げ、彼女たちは各自が一輪のバラを祭壇に近づき、オアシスが入ったガラスの器にバラを捧げ、私たちは彼女たち一人ひとりのために祈りました。引き続いて、任務を終えたシスターたちは火が灯ったろうそくを一人一人が捧げ、新たに派遣される場所でもずっと輝いているようにと皆で祈りました。灯りは、バラの枝とともに祭壇の上で輝いていました。この時ずっと歌とミュージックが伴奏されていました。