カトリック礼拝会日本管区のホームページです。

女性とともに - Hacer -

共同体はあかしとなって福音宣教をする。神の国を告げ知らせ、社会の不正の状態を告発することを自らの責任として引き受け、修道者としての立場から女性の権利の擁護に献身する。このような預言者的態度が必然的にもたらす犠牲と危険を受け入れ、貧しい人々や疎外されている人々から福音を生きることを教えられ、福音へと自らを開いていく。(会憲55)

ミッション:会憲1,13~17
―売春や様々な形の隷属の犠牲となって疎外された女性の解放、個人的統合、促進、社会復帰。彼女たちの権利の告発と彼女たちが関係を持っている不確かな社会並びに現実の危機的な分析を知ること

ミッション:会憲1,13~17
―売春や様々な形の隷属の犠牲となって疎外された女性の解放、個人的統合、促進、社会復帰。彼女たちの権利の告発と彼女たちが関係を持っている不確かな社会並びに現実の危機的な分析を知ること

―世界中の女性たちの権利の完全なる発展に貢献する
―人権を尊重しない社会構造の告発と、感化によって社会変化に貢献する
―売春や人身売買という現象についての絶え間ない研究に対して特別な形の貢献をしながら、排除の状況にいる女性たちの社会的現実を知り、分析する。

ヴィジョン:会憲18~19
―ミッションの対象となる若者や女性たちの人格の統合、社会復帰を遂げ、更には新しい価値観を発見し、神の国の福音へと自らを開くこと。
―現に社会に存在し、あるいは新たに発見されるかもしれない様々な形の抑圧に対して、適切な対応を大胆かつ創造的に探究する。

2017年03月06日防衛機制と改憲と女性の痛み

 小さな子どもが虐待死した新聞記事を見て、一時保護施設で出会ったAさんが「この子は幸せだったかもしれ…続きを読む

2016年12月30日「性虐待被害者のための祈りと償いの日」

 教皇フランシスコは、全世界の司教団に向けて、「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を設けるように通…続きを読む

2016年09月18日労働と女性、グローバル化の中で

 以前、地方の緊急一時保護施設で使徒職に携わっていたとき、ある国の母子をひきうけたことがあった。母親…続きを読む

2016年09月18日相対的貧困と「女性と子ども」

 「今年5月の児童福祉法の改正で「来春から高校や大学に通っていれば22歳の年度末まで自立援助ホームにいられるよ…続きを読む

2016年07月21日ひかり

人間の尊厳―「単なる物(何か)ではなく、人格(だれか)」であり。「自分を知り、自分を所有し、自分を自由に与え、…続きを読む