聖体と愛徳のはしため礼拝修道女会日本代理区のホームページです。

女性とともに - Hacer -

共同体はあかしとなって福音宣教をする。神の国を告げ知らせ、社会の不正の状態を告発することを自らの責任として引き受け、修道者としての立場から女性の権利の擁護に献身する。このような預言者的態度が必然的にもたらす犠牲と危険を受け入れ、貧しい人々や疎外されている人々から福音を生きることを教えられ、福音へと自らを開いていく。(会憲55)

ミッション:会憲1,13~17
―売春や様々な形の隷属の犠牲となって疎外された女性の解放、個人的統合、促進、社会復帰。彼女たちの権利の告発と彼女たちが関係を持っている不確かな社会並びに現実の危機的な分析を知ること

ミッション:会憲1,13~17
―売春や様々な形の隷属の犠牲となって疎外された女性の解放、個人的統合、促進、社会復帰。彼女たちの権利の告発と彼女たちが関係を持っている不確かな社会並びに現実の危機的な分析を知ること

―世界中の女性たちの権利の完全なる発展に貢献する
―人権を尊重しない社会構造の告発と、感化によって社会変化に貢献する
―売春や人身売買という現象についての絶え間ない研究に対して特別な形の貢献をしながら、排除の状況にいる女性たちの社会的現実を知り、分析する。

ヴィジョン:会憲18~19
―ミッションの対象となる若者や女性たちの人格の統合、社会復帰を遂げ、更には新しい価値観を発見し、神の国の福音へと自らを開くこと。
―現に社会に存在し、あるいは新たに発見されるかもしれない様々な形の抑圧に対して、適切な対応を大胆かつ創造的に探究する。

2016年09月18日相対的貧困と「女性と子ども」

 「今年5月の児童福祉法の改正で「来春から高校や大学に通っていれば22歳の年度末まで自立援助ホームにいられるよ…続きを読む

2016年07月21日ひかり

人間の尊厳―「単なる物(何か)ではなく、人格(だれか)」であり。「自分を知り、自分を所有し、自分を自由に与え、…続きを読む

2016年07月11日羽二重肌と瑠璃色の瞳

今、礼拝会のカンボジアの施設にお手伝いに来ています。 貧しい住宅街の一室に、羽二重肌と瑠璃色の瞳をも…続きを読む

2016年06月29日教皇のことば

 26日、フランシスコ教皇は、アルメニア訪問を終えて帰国途中に法王専用機内で記者会見し、「同性愛の人…続きを読む

2016年06月29日法改正

児童福祉法等の一部を改正する法律が、2016(平成28)年5月27日可決成立、 6月3日公布。旧)児童福祉法 …続きを読む